大きいサイズの腕

大きいサイズで肥満の原因は遺伝かも!?私の遺伝子は大丈夫

大きいサイズ ダイエットをしてもなかなか痩せない、少しやせても大きくリバウンドをしてしまうという方が多いかもしれません。そのほとんどの場合、子供の頃から大きいサイズ ダイエットをしても体重が減らないという残念な結果です。これにはいくつか理由があり、その一つが肥満遺伝子の存在です。

大きいサイズの腕

耳にしたことがあるかもしれませんが、この肥満遺伝子のせいで他の人よりも脂肪の燃焼ができなくなるのです。食事や運動でカロリーを使い、脂肪の燃焼を増幅させますが、これを阻害する憎き遺伝子があります。「β3アドレナリン受容体(β3AR)」と「脱共役たんぱく質1(UCP1)」という遺伝子ですが、この2つは脂肪の燃焼を非効率化させてしまうのです。

もともと人間を含めた動物は、食べられなければ飢えて死ぬ危険性があり、本能と遺伝子により生きるために必要な脂肪を蓄えておくように仕向けられています。生きるために身体が上手く反応しているのですが、ダイエットはその真逆を行く形です。

自分は大きいサイズ ダイエットしたいなら、脂肪を蓄えておこうとする2つの遺伝子を上手くごまかしながら痩せる方法を実行しなければなりません。あなたの肥満遺伝子は大丈夫ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です